浦安に暮らすとなると

千葉県の中で、1キロ平米当たり9400人台という最も人口密度が高く浦安市内は、かねてから市の中心だった東京メトロ東西線浦安駅や昨今ベイエリアとして開発著しいJR京葉線新浦安駅界隈にメガバンクや地元千葉県の地銀などが集結しています。

また現在3つの信用金庫が市内に支店を構えています。

そのうちのひとつ東京ベイ信用金庫は、名前は東京と付くものの、浦安市のお隣市川市に拠点を置く信用金庫です。

前身は昭和3年創業の市川信用組合で、浦安市が市制になるずっと以前の85年以上も前から地域に密着してきました。

その後同じ千葉県西部を拠点としていた東葛信金や東京都東部を拠点にしていた城東信金、松戸市を拠点にしていた松戸信金などを合併し、現在に至っています。

東京シティ信金は現在浦安駅前に支店を構えています。

また隣接する市川市や東京都江戸川区は無論のこと、西は江東区、北は野田市、東は船橋市や我孫子市にまで店舗展開しており、この地域では欠かせない存在です。

特にローン商品では、住宅ローンやオートローン、教育ローンなどの目的ローンは銀行と信金を合わせた業界の中でも低利に定評があります。

浦安市で住まい探しをするならチェックしておきたい信用金庫です。